TGA 高橋ゴルフアカデミー 会員ログイン TGAブログ
トップページ TGAのレッスン お問い合わせ

TGAのレッスンシステム TGAは必ず納得できる
ゴルフゲームの理解
TGAのスイング理論 TGAのレッスンメニュー
きれいなスイングの身に付け方 byTGA


   TGAのレッスンシステム

『V1プロ』というアメリカのスイング解析ソフトを使用した
最も技術的に進んだゴルフレッスンです!

◎自分のスイングで何が起きているのか?
◎自分のスイングを目で見ることにより、必要な改善に対する理解が深まります。
◎修正を実際に見て検証する事で、上達のスピードは早まります。
◎V1プロを使用したデジタルコーチングシステムはフルスイング、コントロールスイング、アプローチ、パッティングの上達にその威力を発揮します。
◎TGAでは打席前に設置したセカンドモニターでスイングを確認しながら指導するという、日本初の画期的なレッスンスタイルを導入しています。
『そうそう今の!そんな感じ!いいですね〜!』のアナログレッスンでは何一つ根拠を持つ事は出来ません!
レッスンに通う内に、自分で勘的にボールを当てる確率が上っていくというものがほとんどです。 これでは上達とはいえません!


   良いコーチと出会う TGAは必ず納得できる
経験豊富なレベルの高い指導者に出会える事も上達の鍵ではないでしょうか?

では習う前に何を基準に良いコーチを見極めれば良いのでしょうか?

ワンランク上のゴルフを知る為には、指導者自身が習う人達のレベル、成長に合わせた指導ができるかどうかです。
常に習う人達のモチベーションが下がらないように目標設定を流動させ、目的意識がはっきりとした、飽きない練習状態になっているかどうかです。

その指導ができるのが、スイング解析ソフト『V1プロ』を使用したデジタルコーチ!TGA塾長・高橋孝輔です!

日本の多くのレッスンは、本場アメリカの本格的なレッスンと違い、自分で練習する時に練習の場を上手くおさめてくれるコーチがつくという感じで、生徒さんがたまたま良いボールが出た時にコーチが一言発して、『ナイス〜良いね〜今の感じ!』と言うフレーズを良く耳にします。
理論的な指導をあまり受けず、ただ打つだけで、練習に通う内に自分で感的にボールを当てる確率が上っていくというものがほとんどです。これでは上達とはいえません。習う人も納得できないからレッスンに対する不信感深まり、レッスンが長く続かず、やめるケースが多いです。

ゴルフは理屈から成り立っています。きちんと根拠を持たせてくれるのがTGAです!

習う側が本当に納得するには、スイング解析ソフト『V1プロ』を使用し、スイングの分析や、過ちを生徒さんと確認しながら検証していく事だと確信しております。
現にアメリカでは80パーセント近いゴルフコーチが使用し、
プレイヤーではタイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン、ビジェイ・シン、アダム・スコット、フレッド・カプルス他多数の選手が使用しています。

さてTGA塾長は16歳で本格的にゴルフをはじめ、ゴルフ歴30年の経験豊富なゴルファーで、プレーでは20代後半にベストスコアー64を記録しています。
あらゆる成功のショットを体感しておりますので、体験談からの話は真実味があると思いますのでその辺りも期待下さい!

指導歴はミズノゴルフスクールコーチ在籍11年、TGAを立ち上げ、2012年5月で6年目になります。
これまで多くの事を学び、経験しております。
人との出会いを大切に、感謝の気持ちと、謙虚さを忘れずに、常に向上心を持ち、可能性を信じ、頑張ってきました。

是非、高橋孝輔との出会いをきっかけに真のゴルファーになって下さい。


   ゴルフゲームの理解

ゴルフコースは4つの状況によって成り立っているゲームです。

@ティーグランド(PAR3・PAR4・PAR5のティーショット)
Aフェアウェイ・ラフ・フェアウエーバンカー(セカンド・サードショット)
Bグリーン周辺(アプローチショット・バンカーショット)
Cグリーン(パッティング)

この4つの状況を想定した練習をする事が、ラウンド前の準備です!
コースへ出る為の練習メニューは沢山あります。意味のある良い練習とは、沢山ある練習メニューから
どんな練習から取り組むかを決定します。
次にその目標を達成させる為の取り組み方を理解し、練習に励めばそれぞれの目標を達成する事ができます!


   TGAのスイング理論
スイング作りに関しては2006年に渡米して学んだ『アメリカのオンプレーンスイング理論』を適用。

US PGAツアーの始まりが1916年。おおかた100年近い歴史があります。
その過去に活躍された選手のスイングを分析したものが今のアメリカのオンプレーンスイング理論です。
何でもそうですが成功した人の真似から入る事は良くある事で、現在世界ナンバーワンのタイガー・ウッズの真似をするジュニアゴルファーは多いと思います。
石川遼もその一人でタイガーと同じインターロッキンググリップだし、色々真似をしています。

   TGAのレッスンメニュー
TGAでは沢山のゴルフレッスンメニューをご用意しております。

例えば
・握り方を教わりたい
・構え方を教わりたい
・無駄のないきれいなスイングフォームを身につけたい
・ショートゲーム(パター・アプローチ・バンカー)を教わりたい
・飛ばしたい
・方向性を良くしたい
・ミート率を上げたい
・ダフリ、トップを無くしたい

など、何に悩みがあって何をTGAで学びたいのか具体的にお知らせしてもらう事からスタートします。

レッスン初回は簡単な打球テストを行います。どのような能力があるのか現状確認し、データをパソコンへ保存します。何が良くて、何が基本から外れているのかを指摘し、正しい事を理解してもらう事が初回の目的です。

本格的な指導は2回目以降になります。

TGAでは
@TGAゴルフレッスンについて
A最低限知っておきたいゴルフ用語とルールと処置の仕方
Bパッティング
Cパターを含めた6種類のアプローチ
Dきれいなスイングの身に付け方

についてのTGAオリジナルテキストを入会時にお渡ししております。これだけでも付加価値があります。

TGAのレッスンメニューは大きく二つに分かれます。

@毎回ビデオを使用し、スイング解析ソフトで スイング作り & スイングチェックのレッスン

最終的にゴルフはインパクトの瞬間で弾道は決まりますが、そのインパクトを安定する為には、無駄のないきれいなスイングです。

まず握り方、構え方、テークバック、トップ、ダウンスイングに問題がないかどうか、
そしてさらにインパクト、フォロースルー、フィニッシュまでもチェックしていき、全体的に無駄のないオーソドックスなスイングを目指す事がミート率、方向、曲がり、飛距離、高さを安定させます。

※これを満たす為の練習方法を提供するのがTGA塾長・高橋の役目です。やるのは受講生の皆さんです。意識を持って身につけようと日々努力しなければ何も変わりません。

Aラウンド(内容、スコアー)に反映されるレッスン(沢山あります)

@ボールのライ(状態)に対応が出来るかどうか、ティーアップのボール(ボールが浮いている状態)とマットのボール(ボールが浮いていない状態)をSW〜1Wまできれいなフォームでフルスイングし、ボールを芯で捕え、距離と方向と曲がりと高さが一定しているかどうかを確認する。
A100ヤード以内のコントロールショット
B状況に応じたアプローチショット(パターも使う6種類 byTGA)
Cグリーンサイドからのバンカーショット(2種類 byTGA)
Dパター
Eルーティーン(1Wからパターまでスイングに入る前の動作の一貫性)
Fフック系(左曲がり)スライス系(右曲がり)といったボールと曲げるショット
Gエチケット・マナー、しぐさ、良く出くわすルールの理解

※ その他レッスンメニューは沢山あります。

   きれいなスイングの身に付け方 byTGA

<STEP1>
たくさんのツアープロのスイングを見てきれいなスイングのイメージを頭の中に入れる。
私の最初のお手本になったプロはスペインの星と云われたセベ・バレステロスです。
その後もトーナメントで勝ち星の多い選手や、安定して上位に来る選手などを見て現在も研究し続けています。
一流になりたかったら一流から盗め!

★鏡を用意して下さい!

なぜ必要かというと、イメージしたゴルフスイングになっているかどうかを確認するためです。
皆さんが上級レベルになっても、常に自分の動きをチェックする事がレベルの維持や向上に つながりますので鏡を見る事を習慣化して下さい。きれいなスイングに仕上げる一番の方法です。

<STEP2>
スイング体操の練習をする(アッパーブロー編)
ゴルフスイングはアドレスからスタートし、フィニッシュまで約2秒前後です。
そのわずかな秒間で体の動き、手と足の動き、さらにクラブヘッドやシャフトの動きを 正しくコントロールする事は初心者レベルではかなり難しいです。 そこでまず、体だけの動きを理解する事から始めるのです。

<STEP3>
10コマのスイングモーションを理解し、各ポジションをコマで覚える練習をしましょう!
イメージしたゴルフスイングを10コマのモーションに分けて、ポジションごとに覚えていきます。それが出来れば各ポジションの形が乱れていないかを鏡で確認しながらゆっくりと素振りです。そして徐々にスピードを上げていきます。




トップ | 塾長・高橋孝輔 | TGAのレッスン | レッスン希望の方へ | 料金&スケジュール | お問い合わせ | 過去の依頼FAQ
Copyright (C) 2011 TGA golf academy. All Rights Reserved